新東京カラオケグランプリ2017公式サイト

優勝賞金5万円、表彰賞数32賞。新東京カラオケグランプリは8月12日(土)に開演いたしました。多くのご来場者様に厚く御礼申し上げます。

審査委員

新東京カラオケグランプリ2017を厳正に審査する3名の審査委員を紹介します。

◎審査委員


多田 朗人(ただ あきと)先生

シンガーソングライター。日本作曲家協会会員。日本作詞家協会会員。
日本作曲家協会主催のコンテストにて、自身作曲の「夕風にひとり」が最優秀楽曲賞を受賞。
2016年リリースの松原健之のシングル「みちのくふゆほたる/夕風にひとり」が、
オリコン週間チャート演歌・歌謡曲部門にて初登場1位を獲得するなど、
新進気鋭の作詞家・作曲家としても注目を集めている。

◎審査委員


浦 麻紀子(うら まきこ)先生

ボイストレーナー。ファイブイー・ボーカルトレーニングスクール代表・講師。
講師として1000名以上の指導経験のある傍ら、自身もライブ歌手として活躍中。
歌唱指導のみならず、発声の専門家として、
企業向けの話し方セミナーなどのビジネス研修や講演も数多く担当。
プロ志望者からアマチュアのカラオケファンまで、生徒に応じた幅広い指導に定評がある。

◎審査委員


鈴木 ミチ(すずき みち)先生

シンガーソングライター。日本作曲家協会会員。全国カラオケ指導協会特別教授。
幼少の頃より数多くのカラオケ大会に出場、優勝・入賞多数。
近年は、故郷の会津を歌った「赤ベコの唄」などが支持を集めている。
自身が運営するカラオケ教室では、特に演歌・歌謡曲ファンの生徒を多数担当している。
2017年にはリットーミュージックより、カラオケ教本「演歌がうまくなる方法」を発売予定。

 

大会終了後、3名の審査員からのコメント付き個別審査表を返却いたしますので、
今後の練習の指針にしていただければと思います。